まきみさと

広告代理店勤務フルタイムワーキングマザーが雑記を綴ります。

認可園が良いけど認可外も意外と良いという話1

保育園選び、迷っていますか?

こんにちは、まきみさとです。


育休、保活中のパパさんママさんにとって一大イベントである認可園の申し込みの時期がやって参りました。


かくいう私も5年前、右も左も分からずちびを抱えて近所の認可園に見学に行って、「ここだったら近いし、通勤時の動線がよくていいなぁ」なんて、いま振り返れば、非常に甘い考えで、選考を受けようとしていました。


自転車で通える保育園を5園選んで、必要事項を書き込み、少し緊張した面持ちで、他のパパさんママさんに混ざって、書類を提出。
あとは2月の結果を待って、復職の準備をと、当時いた会社の上司に会ったり、事務の方と連絡を取るなどしておりました。


このとき1月。まだ認可外保育園(筆者の地域では認証保育園)の見学どころかどんなものか調べることすらしていませんでした。


2に続きます。

マッチング拠出したけどさほど節税にならなかった話

企業型DC(確定拠出年金 )2年目にマッチング拠出を開始 

始めまして、まきみさとです。

勤め先の会社が企業型DCを開始したのが約1年前。そして年に1度のマッチング拠出申込み案内があったので、薄給から拠出することを決めました。

 

kotobank.jp

 

もっと節税できる方法はないかなと思っていた矢先だったので、申し込んでみたわけですが、改めて調べてみると、さほど節税効果がないことや生活設計によって、この選択がよいとは限らないことが分かったわけです。

 

style.nikkei.com

 

私の薄給ですと、1年で家族で焼肉1回行くくらいしかなりません(白目)。

まあ、1年に1回、拠出金額を変更できるので、生活設計に変更が生じたら、また何かしらその都度、方法を変えていこうと思います。